高崎市の歯科医院 星野歯科クリニック

特殊義歯・入れ歯

診療案内 > 特殊義歯・入れ歯

特殊義歯・入れ歯の現状

特殊義歯や入れ歯というと「見た目が悪い」「使いづらい」などの悪いイメージがありますが、その認識は正確ではなく、機能面、審美面でも優れているものが登場しています。
強力な吸着力でおせんべいを食べても違和感のない「吸着デンチャー」や、金属のフックを使わないため目立ちにくい「ノンクラスプデンチャー」など、さまざまな種類があります。
審美性などの面からインプラントを優先して考えられる方も多くいますが、義歯・入れ歯でも十分に対応できるケースもあります。自分だけで判断するのではなく、ぜひ当クリニックにご相談ください。
ミニインプラント入れ歯もあわせてご覧ください。

吸着デンチャー

吸着デンチャー

ほとんどの方がはじめて吸着デンチャーを見るとびっくりします。おせんべいも普通に食べられるし、手でひっぱってもとれません。まさに驚きの吸着力を実現しています。


吸着力が強いとは言っても、痛みはありません。無痛のまま噛んでいる時も通常時もピッタリ吸着します。

ノンクラスプデンチャー

金属のフックを使わない入れ歯

金属の代わりに、柔軟性のあるポリカーボネート樹脂が入れ歯を固定します。金属部分が見えないので入れ歯だと分かりにくくなります。また、完全重合した樹脂を使用するため、モノマーの溶出がなく、生体安全性が高い安全な入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

当院では、院内で入れ歯の製作・調整・修理が可能です。

当院では、院内技工士が常駐しております。そのため、より精度の高い義歯の製作・迅速な対応が可能となっております。

※一部の保険適用の義歯を除く

このページで紹介してる治療は
自費治療になります。