高崎市の歯科医院 星野歯科クリニック

インプラント

診療案内 > インプラント

O.A.M インプラントシステム

O.A.Mオーギュメーター
O.A.Mオーギュメーター

O.A.Mインプラントシステムは、ほとんど骨を削らないまったく新しいインプラントシステムです。

最初に極細のドリル(直径0.3mm)でインプラントの位置を決め、つぎにリーマー(手動式の細いドリル)で専用器具(右写真)の通り道を作り、少しずつ穴を拡げていきます(下図)。

痩せた骨でも少しずつ穴を拡げていくので、骨が太く丈夫になり、「インプラントは無理」と診断された方が本システムにより治療できたケースも多くあります。

その他の特長としては、「痛みや腫れがほとんどない」、「手技による回転運動なので熱を発生しない」、「骨幅の拡大だけでなく上方へも盛り上がる」、「初期固定が非常に強固」などがあり、患者様に安全・安心をお届けできる理想的なインプラント治療法です。

O.A.Mインプラントシステムの手術手順
O.A.Mインプラントシステムの手術手順

歯科用CTで、安全・安心なインプラント治療へ

星野歯科クリニックでは、歯科用CTでの撮影画像をもとに精密な診査・診断を行い、安全かつ安心なインプラント治療に取り組んでいます。

歯科用CTの詳細はこちらをご覧ください。

AQBインプラントシステム

AQBインプラントシステムの特長

AQB(Advanced Quick Bonding)インプラントは、純チタンに再結晶化させたハイドロキシアパタイトを薄膜コーティングした骨癒合型の人工歯根です。

シンプルな術式が特徴の安全性・安定性・有効性に優れたシリンダータイプの人工歯根で、右図のように、シンプルかつ高強度の「One Part System」と、適応症を広げる「Two Parts System」があります。

One Part System

1回法のシンプルな人工歯根で、手術は1回で済みます。継ぎ目のない1パートインプラントですから、強度の面でより優れており、ネジのゆるみなどの問題が生じないため、長期安定性に優れています。

Two Parts System

2パーツインプラントの一般的な六角、八角とは異なり、曲面のみで構成された独特な嵌合形状です。エッジが存在しないため、側方圧に対し広い面で力を受け、効果的に応力を分散できます。
症例により最適なアバットメントを選択することで、審美的な歯冠形態を再現できます。前歯部では、アングルアバットメントにより埋入方向や歯冠傾斜に確実に適応できます。
※1回法と2回法に対応します。

ミニインプラント入れ歯

ミニインプラント模型

ミニインプラント入れ歯は手術の必要がありません。少し麻酔をして、直径1.8ミリの細いチタン製のネジ(右写真)を歯ぐきの上から埋め込みます。
そして入れ歯の裏側に特殊な金具をつけて、ホックで留めるように入れ歯とネジとをカチッとかみ合わせ、簡単に留めたり外したりできます。
治療は短時間で行え、痛みはほとんどありません。

このページで紹介してる治療は
自費治療になります。